スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010-11秋冬】シャネルのエンジニアブーツ

20101226_10
シャネルのエンジニアブーツ 650ユーロ。

今年は、心を入れ替えて、週一でレポートしようと思っていたのに、
1月も31日、最終日を迎えてしまいました。
何とか月一はクリアしたいと、慌ててレポートします。

昨年夏のフランス新婚旅行での散財、ヴァン クリーフ&アーペルのアルハンブラに続いては、シャネルのエンジニアブーツ。
韓国の免税品店で見つけて一目惚れ、これは本場パリでゲットするぞと望みました。


シャネルのエンジニアブーツといえば、2009-2010年秋冬に一目惚れしたものがあり、
伊勢丹新宿店では既にシーズン前に予約で完売、追加入荷は未定とのことでしたが、
その後入荷の連絡があったものの、
その頃には転勤で釧路にいました。
カード決済、配送しようかと思いましたが、仕事、生活の両面から考えて、釧路で履けないと断念しました。
それとはテイストが少々違いますが、
シャネルのエンジニアブーツ、
シャネルならでは、おしゃれなエンジニアブーツには参りました。

20101226_9

正面のCCロゴ、キルティング加工、ファスナーがアクセント。
内側はブルーのレザー。

2009年はカーキがアクセントだったように記憶していますが、
2010年はブルーです。
その後、ネットで見たらワインレッドもあるようです。
シーズン違いなのか?!
私が見る限り、パリでは全てこのブルーでした。


プランタンで購入。
650ユーロで請求金額は73,108円。
日本のネットショップでは似たものが約15万円、
タックスフリーで多少戻ってきたこともあり、
日本で買うより断然お得だったと思います。


基本、ヒールの低いものは選びませんが、
これは別、シャネル、エンジニアブーツ、ですもの。

ローヒールなので歩くことが多い旅行や雪の残る道でも活躍しています。
年末の宮城旅行、そしていばらきは既に2回積雪を記録していますので。

ミニスカート、ショートパンツなど、柄タイツとのコーディネートを楽しんでいます。
これはよいお買い物ができたと、我ながら満足の一品です。


シャネルのエンジニアブーツ、このお買物につけたいいわけは、
「2010年11月、ひたちなか市で新たな生活を始める門出に」


ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ  お得な通販生活情報 - コミュニティサイトモンモン
スポンサーサイト

テーマ : 【2010-11秋冬】ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。