スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最中「砂沼のつり舟」ほか『柳屋菓子店』@下妻市

20110329_shimozuma8

2010年11月の下妻和菓子屋めぐり、
前々回のレポート『成田屋』、
前回のレポート『大久保製菓本店』についでいったのが『柳屋菓子店』です。

こちらも下妻市観光物産会で確認すみのお店。
道路を挟み斜め前の下妻市商工会での仕事を終え立ち寄りました。


一度目の前を車で走った際、見落としてしまったほど、こじんまりしたお店でひっそりと、
硝子の引き戸、昔ながらの和菓子屋さんといった外観です。

『柳屋菓子店』
下妻のシンボル「砂沼」をイメージした銘菓「砂沼のつり舟」は当店独特の羽二重餅を入れた最中です。餡は小倉、梅、柚の3種類がございます。その他季節の和菓子も多数取りそろえております。


最中大好きの私、中は餡だけがよい、羽二重餅や栗は余計、
梅や柚の餡では最中とは言えない、というのが最中に対する考えです。
羽二重餅入りは少しひけますが、このお店の代表商品ということで最中「砂沼のつり船」を2個購入しました。

20110329_shimozuma7
包み紙にあるのも「砂沼の釣り船」、やはり看板商品なのですね。
この包み紙も古くからある田舎の和菓子屋さん風。


最中以外には、これまた気になった半生系の和菓子、
名前と価格、それに味も忘れてしまいましたが、さつま芋を使ったいもようかんのようなお菓子。
『成田屋』のレポートでも書いたとおりさつま芋のお菓子に目がない私です。
そしてきんつば、くろぐろとした大納言は田舎風でなんとも私好み、
すでに『成田屋』、『大久保製菓本店』で色々購入しているにもかかわらず手が出てしまいました。

いもようかん(としておきます) 価格不明
味は忘れてしまいました(苦笑)。

きんつば 価格不明
見た目通り田舎風で甘い大納言が美味しいきんつばです。
価格は納得の茨城価格だったような。

最中「砂沼のつり船」120~130円(?)
10個入 1,320円ですからこのくらいの価格だと思います。
田舎風の餡子が美味し最中です。
やはり、羽二重餅は私には余計です。


すっかり味の記憶が薄れてしまったのは、『成田屋』、『大久保製菓本店』でいろいろ食べてしまったせいか、残念。
店構えからして昔ながらの田舎風和菓子屋は私の気になるところ、
やはり、もう一度じっくり味わいたいので下妻に行った際には再訪します。

20110407


ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ  お得な通販生活情報 - コミュニティサイトモンモン



関連ランキング:和菓子 | 下妻駅




スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。