スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣鐘最中『高野菓子店』@石岡市

20110411_takano1

2010年12月の石岡和菓子屋めぐり、
『和菓子工房おじま』の次に訪れたのは『高野菓子店』
こちらも石岡市観光協会が作成した「石岡スイーツマップ 旨っぷ」で事前に確認していました。

石岡銘菓、「釣鐘最中」石岡市観光協会推奨菓子の部で、第1号の推選を受けて、発売以来50年以上の名産品です。
 釣鐘を模った最中種(皮)、その中の餡は少しだけ小豆の粒の歯ざわりを残しながらも口どけが良く、なめらかな仕上がりになっており絶品です。口に含んだ瞬間から職人の手造りと、伝統の味を実感していただけると思います。ぜひ一度お試し下さい。


釣鐘最中は、石岡商工会議所のホームページにも写真が載っているほど、なるほど石岡の代表銘菓のようです。

釣鐘最中 110円

茶色の皮は小倉餡、こちらは上の説明にあるように、少し小豆の粒が残っていますがなめらかな漉し餡が中心です。
皮が薄く餡子の美味しさを邪魔しない、私好み。
粒々小倉餡が好きですが、このなめらかな餡もなかなかよいです。
そして、110円という価格は餡の量、質を考えると嬉しい価格です。

白い皮は白餡、こちらは漉し餡です。
粒々小倉餡が大好きですが白餡も好きです。
やはり薄い皮になめらかな濾した白餡、これはこれで美味しい。
他にはない、変わり種の最中、美味しいです。

小倉餡も白餡も私の好きな最中、
「釣鐘最中」大収穫です。

きんつば75円

名前は多分です。
きんつばというと四角く白い薄い皮をまとっているものだと思っていますが、
こちら茨城ではこのようにおまんじゅうのように丸めた餡を透明な皮で覆っているものを
きんつばとして売られているのに複数店で遭遇しました。
通常の白い皮よりも存在感の少ない透明な皮、
皮に邪魔されず餡子そのものを楽しめます。
これは私にとって何とも魅力的です。

高野製菓のきんつば、もちろん美味しい餡子です。
小さめなので2個3個と食べられそう。
75円という価格も嬉しい。

『和菓子工房おじま』といい『高野菓子店』といい、石岡には品質の高い和菓子屋さんがあり嬉しいです。
どちらも、石岡に訪れる度に立ち寄っている和菓子屋さんです。

20110407


ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ  お得な通販生活情報 - コミュニティサイトモンモン



関連ランキング:和菓子 | 石岡駅


スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。