スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の子『山口屋』@桜川市

20110405_yamaguchiya2

桜川市の和菓子屋レポートが続いています。
2011年2月、茨城県内のひなまつりめぐりで桜川市真壁を訪れたさいの和菓子めぐり。
黄金屋高庭菓子店白川菓子店に次いで紹介するのは山口屋。
こちらのお店も桜川市商工会真壁事務所
まかべ百科事典_特産品紹介されていました。

今から、三百七十年幾多の遍歴を経るも、今なおこの行事が、裏筑波一帯に於いて古式豊かに行われている。
旧暦二月初旬、必ず行う大当祭礼、筑波山頂に祭られる男神女神のみことをお祭りし、子供繁栄、家内安全を祈願し併せて、五穀豊穣を祈念するものである。
当店は、この古式豊かな大当祭礼にちなみ、裏筑波特有の銘菓として風味豊かな格調の高い大当最中を製造いたしておりますので、末長く皆様方の友としてご愛用下さいますようお願い申し上げます。


20110405_yamaguchiya1
もちろん、店内にはおひなさまが飾られていました。
訪れた順番としては、白川菓子店に次いで2軒目でした。
和菓子屋に行ったら必ずといってよいほど買う最中ですが、
山口屋の最中、大当最中は求肥だったか、栗だったか、私にとっては要らないものが入っていることと、
値段も160円くらいだったと思うのです。
これって高くない、とは私がすっかり茨城価格に慣れてしまったからでしょうか。
既に紹介している黄金屋の平四朗最中を買う予定であったこともあり、最中はやめました。
おまんじゅうや大福にはそそられず、どうしようかとも思いましたが、
唯一私の好きな餡子あんこしたお菓子である鹿の子を一つ買うことにしました。

鹿の子 110円
レポートを書きながら、あれ、鹿の子だったか、きんつばだったか、と悩んでしまいました。
鹿の子にしては周りの小豆が小さい、そして鹿の子の周りの小豆としては普通、
というのも変ですがつやっぽくない小豆かなと。
そう、周りの小豆はそれほど甘くなく、全体的にあっさりとした味です。
あまり印象に残る味ではなかったような。
しかしこれは、真壁の和菓子屋を5軒もまわり、
その中で感動ものの黄金屋の平四朗最中に出あってしまったのもあるかと思います。

辛めの評価になって申し訳ないのですが、大好きな最中が私が好きな部類の最中でないことが残念。
しかし、こんな記事を発見しました。

素朴な味を守り続ける老舗和菓子店。創業当初より代々伝わる自家製あんが自慢です。地元のお客様に広くご愛顧いただいており、リピーターも多く、口コミでも評判になっています。地元真壁町の祭り、「大當祭り」にちなんで製造された「大當最中(だいどうもなか)」(写真下)は、人気商品となっており、控えめな甘さと口当たりの良いあんが特徴です。甘いもの好きな方は、ぜひ一度、ご賞味ください。

うーん、次回真壁を訪れたらお店をのぞいては見ますが、
購入するかは疑問です。
というのも、真壁にはレベルの高い和菓子屋が多いから。

ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ  お得な通販生活情報 - コミュニティサイトモンモン



関連ランキング:和菓子 | 桜川市その他


スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。