スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楓樹、八萬石最中『釜屋商店』@古河市

20110831_kamayashouten4

前回のレポートで書いたとおり、7月の古河訪問で新たなお店2店を開拓しました。
御菓子処 おが和ともう一店は釜屋商店です。
御菓子処 おが和は、知っとこネット古河に掲載されていますが、釜屋商店は食べログで見つけたお店。

楓まんじゅうという黒糖風味のこし餡らしきおまんじゅうと、楓樹という麦こがしの白あんベースのおまんじゅうが紹介されていたものですからあまりそそらなかったのですが、その後、古河市観光協会オフィシャルサイト 古河なびで八萬石最中があることを知り、ならばこの最中も食べてみましょうと行ってきました。

20110831_kamayashouten3
仕事の訪問先七軒町通り近く日光街道沿いにあるお店です。

20110831_kamayashouten2
楓樹(ふうじゅ)と八萬石最中、それにマドレーヌなどがガラスケースに並んでいました。
楓まんじゅうは、ガラスケースの奥にトレーのうえに乗っていたのですが、おまんじゅうはと訊ねたら、「今日はないの」とお母さん、どうやら売り物ではないようです。

優しそうなお母さんとお父さんが営業しているお店、お父さんが和菓子職人のようです。

店内の写真を撮ってもよいかと確認したところ、
「せっかくとるなら」とお父さん。

20110831_kamayashouten6
楓樹をトレーに乗せて出してくれたのです。
あらあら、ありがとうございます。

楓樹(ふうじゅ) 84円
20110831_kamayashouten5
楓樹は白あんを麦こがしで包んだものですが、この麦こがしがちょっと堅め、程よい甘さで香ばしい、たまごパンのような味、美味しいです。
さらさらと口どけのよい白餡も上品な味で、麦こがしとの食感ミックスもよく、これはなかなか美味しいものでした。

八萬石最中 157円
20110831_kamayashouten1
大きさは普通サイズ、茨城にしてはちょっと高めと感じてしまう価格です。
薄めの皮の中には、つぶつぶの小豆がぎっしり、ふっくらしっとり甘すぎず美味しい小豆、これはなんとも質が高い、この価格にも納得です。
やはり、餡子は粒のままの状態が密集、これが私のお気に入りです。

前回のレポートで述べたように御菓子処 おが和の篆刻最中がつぶ餡でもこし餡を混ぜたような餡子だったものですから、八萬石最中の餡子の私好みがより一層引き立ち、八萬石最中に軍配です。

釜屋商店はなかなかよいお店、と気に入りました。
楓樹もよいですし八萬石最中は是非ともまた食べたい最中です。

ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ  お得な通販生活情報 - コミュニティサイトモンモン



関連ランキング:和菓子 | 古河駅


スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。