スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松皮煎餅、久世まんじゅう、カフェオレまんじゅう、境の渡し『御菓子司 大久』@境町

20111212_oohisa6

わたしの茨城和菓子屋めぐりは境町までエリアを広げ、境町は柳屋正家和菓子の萬梅堂、3店目は御菓子司 大久です。
こちらのお店は、和菓子の萬梅堂同様境町商工会で紹介されている一店逸品運動で知りました。
代表商品は、松皮煎餅という京煎餅ですが、和菓子もあるということで行ってみました。

前回の初訪で、その美味しさにすっかり気に入ったたわら最中を買いに柳屋正家に行き、次は御菓子司 大久へと思ったら、意外にもすぐ近くでした。

20111212_oohisa5

20111212_oohisa4

代表商品の松皮煎餅は、贈答品としても使われるようです。
20111212_oohisa1
20111212_oohisa2
甘い京煎餅も私の好きなお菓子です。もちろんこちらをいただきます。


松皮せんべのほかにもお饅頭、どら焼きなどのお菓子が綺麗な店内に並んでいます。
20111212_oohisa3

お饅頭は、久世まんじゅうという味噌まんはこし餡ということでした。
つぶ餡好きの私にとって少々残念ではありますが、ふっくらした皮のこちらが美味しそうでひとついただくことに。

優しそうなご主人に写真撮影の許可をいただき、ご主人の趣味は音楽で、古河にはよく行かれることなどを話し込んできました。
消費税をおまけしてくれただけでなく、ひとつ食べてみてとカフェオレまんじゅうをいただきました。
お店のオリジナル商品、ご主人の顔には自信作といった様子が表れていました。

久世まんじゅう 105円
20111212_oohisa8
ふっくらした皮は味噌の香りと味が楽しめ、中のこし餡は甘さ控えめのさらさら上品なこし餡です。
皮と餡の相性がよく、これは上品でなんとも美味しい味噌まんです。
和菓子好きにはもちろんですが、甘いものはそれほどという人でもいけると思います。

カフェオレまんじゅう 105円
20111212_oohisa7
生クリーム入りとあったので、コーヒー餡の中に白いクリームが姿をあらわしているものを想像していました。
生クリームはコーヒー味の餡子に練り込まれているもので、コーヒーのよい香りと味の餡はマイルドな味に仕上がっています。
甘くない皮ともマッチし美味しいお菓子です。
ご主人の自信が表れていたのも納得。
おまんじゅうという名前でない方がよいのではないでしょうか。
これなら和菓子はあまり、という人でも好きになりそう。

境の渡り(どら焼き) 105円
20111212_oohisa9
境の渡りという名前がついていますがどら焼きです。他に栗どら焼きもあります。
つぶ餡はどら焼きだけということです。
小さめのどら焼きは、皮はしっとりとしていてちょっぴり甘い美味しい皮、つぶ餡は甘さ控えめの上品な餡子。
皮と餡子の甘さがちょうどよく仕上がっていて美味しく、私の好きなタイプのどら焼きです。

松皮せんべい 105円(5枚入り)
ほんのり甘い京せんべいは、薄いですが堅いかみごたえのあるもので美味しいです。

御菓子司 大久は、全ての餡子が甘さ控えめな上品な味で気に入りました。
ご主人のお人柄がよいこともあり、またお邪魔したいお店です。

ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ



関連ランキング:和菓子 | 境町その他


スポンサーサイト

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。