スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦まんじゅう『花家』@境町

20120301_hanaya_9

ぽつりぽつりとスローペースで年末年始の旅行レポートを書いている間に、茨城和菓子屋めぐりは新規開拓が進んでいました。
県西地区の境町は、柳屋正家和菓子の萬梅堂御菓子司 大久と行きましたが、ネットで知り行きたいと思いつつ、毎回たどりつけずにいたのが『花家』なのです。
こちらの小麦まんじゅうがなんとも素朴なお饅頭で美味しそう、魅かれていました。

車のナビに電話番号を登録してもたどりつけず、もう一度調べ直して再挑戦してもまた失敗、2度もふられました。
境町に住む人にもすすめられ、行きたいのだけれどたどりつけないことを話したら、確かにわかりづらいところにあるとのこと。
3度目の挑戦前には、念入りにネットで調べ、詳細地図を用意したうえで臨みました。
ようやくたどりついてみると、ここは車で通ってよいのかと疑問に思うほど細い道を入ったところにありました。
正直言うと、表通りからこの通りを見つけられず、裏通りにまわってようやくたどり着けた次第。

人気のお店でお昼過ぎには売り切れていることも、とネットでも勧められた人からも聞いていたので午前中に目指し、無事購入できました。

20120301_hanaya_4
木製の建物、レトロ感漂います。
「団子は花屋」のポスター、と言ってよいのか、今時見ないもの。

20120301_hanaya_5
目立たない建物ですが、噂とおり人の出入りが激しく、そのほとんどがお土産なのか大量に購入していきます。

20120301_hanaya_3
店内もレトロ。
以前は、ガラスケースに商品を並べていたのでしょうか。

20120301_hanaya_2
店の奥が製造所のようです。
木製の箱に並べられた出来たて、湯気の上がったお饅頭をお店の人が詰めてくれます。

20120301_hanaya_1
20個用の箱、やはりお土産とし大量購入される方が多いようです。
商品は、小麦まんじゅうが、こし餡とつぶ餡、「みそまんじゅう」だったと思うのですが、餡子の入ってないものもありました。
それに草もち。
もちろん私が選んだのは小麦まんじゅうのつぶ餡です。

20120301_hanaya_6
20120301_hanaya_7
20120301_hanaya_8
商品と一緒に渡されたしおりまでレトロ。
この地図を頼りにしても、たどりつけないと思われます。

小麦まんじゅう 120円
20120301_hanaya_10
hanaya_11.jpg
まだ温かさの残るおまんじゅう。
小麦の皮はふっくら、しっとりとした餡子は甘さ控えめ、やはり素朴な味のおまんじゅです。
甘すぎないお饅頭で、男性のファンが多いのも頷けます。
できたての美味しさも手伝って、3個一気に食べてしまいました。
やはり出来たての温かいものをいただくのが最高ですね。

餡子大好きな私は、お饅頭なら皮の薄い吹雪が好みですが、
この温かい小麦まんじゅうは、時々恋しくなりそうな予感。
しかし、境町は遠く、近くに来ることがあれば、なかなか機会はまわってこないような気がします。


ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ



関連ランキング:和菓子 | 境町その他


スポンサーサイト

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。