スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2013夏】ベルギー旅行(その9)

58.jpg
ベルギー旅行3日目、8月12日(月)、アントワープです。
ヒルトンにチェックインし、そのすぐ隣にあるフルン広場からまち歩きスタートです。

72.jpg
アントワープといえばルーベンス、17世紀バロック期最大の画家。
ここフルン広場には、ルーベンスの銅像がノートルダム大聖堂を背に手を広げて立っています。
この大聖堂周辺が、旧市街の観光の中心、お土産物を扱うお店もあります。

59.jpg
61.jpg

62.jpg
ノートルダム大聖堂。
1352年から約170年の歳月をかけて建設された、ベルギーで最大のゴシック教会。
ルーベンスの『キリスト昇架』『キリスト降架』『聖母被昇天』など、『フランダースの犬』の少年ネロを魅了したであろう絵が飾られている。

63.jpg
65.jpg
64.jpg
市庁舎
ブリュッセルもそうでしたが、歴史ある重厚な建物。
市庁舎前の広場中央にはブラボーの像と噴水。
古代ローマ兵士のブラボー、シュヘルド川の悪者“巨人の手ant”を切り取って“投げたwerpen”という伝説があり、これがアントワープ(アントウェルペン)の由来だそうですよ。
ということで、アントワープの高級チョコレート『デル・レイ』の手の形をしたチョコレートをはじめ、お菓子屋では手の形をしたクッキーが売られているのです。

71.jpg
肉屋のギルトハウス(?)
チラッと見ただけなので確かではないのですが、1503年の後期ゴシック様式で、肉屋のギルトハウスとして建てられたもの。現在は博物館だそう。

69.jpg
ステーン城
10世紀から16世紀まで使われていた要塞の一部で、約500年にわたり牢獄、刑場としても使用されたところ。
門前には、ブラボーが退治したの巨人。

68.jpg
70.jpg

旧市街のまち歩きをした後向かったのが、その8で紹介したAnn Demeulemeester(アン ドゥムルメステール)のショップでした。
トラムを使えばよかったのですが、まちの景色をゆっくり見たかったこともあり徒歩で。
これがダーリンにとっては足の疲労を蓄積し、この後の歩みが遅くなる結果となったのです。

まだまだまち歩きは続くので、きょうはここまで。

ランキングに参加しています。励みになるのでクリックお願いします!
  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

プロフィール

osharaku

Author:osharaku
『30代OLのおしゃれ奮闘記』として2006年にスタートしたブログ。東京での独身生活、半年間の釧路生活経験後、2010年4月茨城県に住むダーリンのもとへ移住、現在ひたちなか市で暮らしています。
すっかり食べログになってしまいましたが、おしゃれ魂の火は消さないぞ!!を念頭に、おしゃれに楽しく茨城生活を満喫します。
美味しいものの紹介から散財レポートまで。
twitterのアカウントはosharakuです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。